原油価格の詳しい見方は左のHELPをご覧ください
広告

原油などの商品価格(コモディティー)は、基本的には需用と供給で決まるため世界での原油の生産と消費が原油価格を予想する上で重要なポイントになる。そのため、油田の開発や、増産、減産、原油の代替となるシェールガスの開発などをはじめ、中東の政情、テロ、また長期間にわたり高成長を続けてきた中国経済の不景気など様々な要因が複雑に影響する。需要と供給の他には、ヘッジファンドなど金融市場からの投資、投機資金の流入と流出も影響する。

原油の価格指標としては、以前はOPECが価格を決めていたが、その後、米国で「WTI原油」、英国で「ブレント原油」、中東にて「ドバイ原油」の主に3つの価格指標が生まれる。日本はほぼ100%の原油を輸入に頼り、その多くが中東から輸入するためドバイ原油が主な価格指標となる。

WTI原油先物価格チャート」は商品先物によるオイル相場への投資や、石油関係の上場企業への株式投資などを行う個人投資家、投機家をはじめ、原油の動きに興味がある人をサポートするために、わかりやすい原油価格を見れるように作りました。
当サイトへのリンクはご自由にどうぞ。

当サイトに掲載している情報の正確性については当サイトは何ら保証するものではありません、また、これらの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。
連絡先 hitusoriあっとまーくgmail
(C) 2014, WTI原油先物価格チャート all rights reserved プライバシーポリシー |

おすすめ商品